FC2ブログ

10/29  ギター制作日記(最終回) 

最近は仕事が終わってから、ほとんどギター造りに時間を費やしました。

前の連休に塗装を終えて、次は磨き作業!

磨きの作業は1000番のペーパーで表面を水研ぎした後にコンパウンド(研磨剤)で磨くわけなんだけど、ペーパーがけまでは手作業で、そのあとは車用のポリッシャーで一気に!と思ったけど、ふと気になったことが。。。

CA3A0199.jpg

先日換えてもらった電気系統、写真でみてもヴォリュームの大きさが違うのがわかると思うけど、ボディーに置いてみると・・・

やっぱり当たってしまうところや収まらないところがある。ほんのわずかなんだけど削り取ってしまわないといけない。
さて昔ながらにノミと金槌でコンコンやっていくか?面倒くせ~・・・
なんとこんなものがあった。「トリマー」という電動工具。親父はこんなのも持ってたんだ。。。
CA3A0201.jpg


これがあれば作業は早い

CA3A0200.jpg


表面をマスキングして削っていく、あまり削りすぎないようにマーキングして削ってピックガードを乗せてみる。そしてちょっと削って、乗せて、、、

CA3A0202.jpg

塗装して後のことだから削ったところが目立ちすぎ~(笑)
ま、隠れるところだからいいや、、、

このあとコンパウンドをかけて表面をきれいにしていく、ラッカー塗装は完全硬化までにかなり時間がかかるらしい。塗ってから二日以上は経ってるのにちょっと爪をたててみるとまだ後が付く。だけど研磨はしやすかったな~。
CA3A0204001.jpg

22429930_183251490.jpg

こんなに奇麗になりました

あとは組み立てるだけ、、、配線を通して・・・???
この線はどこに行くんだ???
相方ギターに電話してみる、「通常は・・・から通すハズだけど、穴開いてませんか?・・・」
・・・・・・無い・・・・・・
開いてないのはしょうがない、またドリルで、、、さっきからボディーをいじめてるような気がしてならない(笑)
22429930_634105209.jpg


今度はネックにペグ(弦巻)を取り付けよう! ペグもゴトー製に交換です。箱から出してはめ込もうとしたら、またここでもサイズ違い。。。

もともとが8ミリ径だったのを10mmの穴にあけなおさないといけない、、、はぁ、、、またドリドリドリルだ。

22429930_3235206834.jpg


でも逆にサイズが小さかったらと思うと。。。


無事取り付けおわりました。やっぱりゴトー製のやつはガッチリしてて安心だな~。
22429930_2453811112.jpg

さ、ネックを取り付けて、トレモロを取り付けて!

? ? ? 

やばいズレてる、、、最初にきっちり決めたつもりなのに、、、1弦が弦落ち寸前だ、、、
でも塗装前にトレモロの穴は一個を除いて埋めてあったから修正が容易にできそう。

22429930_3560964254.jpg


しかしあんなにキッチリ組み上げてやったのにもかかわらずズレてしまったのはナゼ?
思い当たるのは、ネックポケットの修正でパテを入れた時に微妙な角度が変わってしまったのかもしれない。

修正できる範囲だから「良し」としよう。このあたりになってくると夢中になって写真も取り忘れてます(笑)


お次はナット(0フレット)の高さ調整、これでFコードが引きやすくなるかどうか決まるところ(笑)

22429930_3517785743.jpg

家のテレキャスとレスポールの弦高を計ってみると1.6ミリ~1.8ミリでした、これに近くなるようにペーパーで削っては合せ削っては合わせ。
ようやく引きやすい高さまで落としてきた。

22429930_515507509.jpg


もう最終段階です、あとはジャックとボディ裏のアースをハンダ付けして終わり!
久しぶりのハンダ付け作業だなぁ、何年ぶりかな~。。。
22429930_3590009735.jpg

ピックガードをねじ止めして、はい出来上がり。
でも音を出してみるまでは心配だ~。。。

22429930_3787981690.jpg

家に持ち帰ってアンプにつなぐ!!!ワクワクドキドキだ!
ジョイ~ン!

おぉ~、、、出た。。。

当たり前といえば当たり前だけど、感動です

音はというとストラト独特の音なんだけど、ノイズレスピックアップのせいか若干枯れた感じのいい音。
ブルーズにはぴったりだな~。フェイズスイッチをONにすると音量は落ちるものの鼻つまみ的な音はやっぱり面白い。
歪ませるとワウペダルを踏み込んだようなジャキジャキしたような音になる。エフェクターが一つ付いたみたい(笑)

いろいろ手間取ったけど、本体に関するいろんな知識は身につきました。
ギター職人さんは大変だ!

次回は、、、、、、いや、しばらく作らんな(笑)

このギターのデビューは小浜島の「ちゅらさん祭」に決定。つちだきくお&イノーズのステージに決定
ギター本体、パーツは合わせて万円くらいかな~、、、他に塗料とか入れると万近いな~。
あとはハードケースが一万くらいかな~。。。

万円のギターの価値あるかなぁ~(笑)
デカイ音を出さないと使えるギターかどうかわからないけど、愛着のあるギターにはなりそうです。


明日のSTUPID DOGのリハ音を出してみましょう!楽しみだ
スポンサーサイト



[ 2008/10/29 20:19 ] 音楽 | TB(0) | CM(3)

10/16  ギター制作日記7 

先日の連休二日目に最後の仕上げ塗装を決行。。。

そのまま上からクリヤを塗ってもよかったんだろうけど、表面を平らにするという意味でザッと磨くことにしましょう!
メタリック塗装の場合もやるのかな???実はあんまり自信がないわけでして
DSC06389.jpg


塗装後はこのように表面がみかんの皮のように少しだけでこぼこしています。
業界用語(板金屋さん)では「ゆず肌」とか「みかん肌」って言います、それを400番ペーパーである程度整えていきます。
DSC06390.jpg

白く最初は空研ぎ用のペーペーでやってたけどこのように目が詰まってしまうので水研ぎに変更!
水を含ませながらやるととっても楽。
DSC06392.jpg

400番の後は、さらに細かい目で1000番で整えましょう。

特に角の部分は研ぎ過ぎないように注意!
そーっとそーっとシャリシャリ・・・
DSC06396.jpg


でこぼこがなくなったら塗装!
写真撮ってません(笑)
一回目を塗り終えたころ、頼んであった心臓部分が届いた。
DSC06405.jpg

ピックアップの交換、スイッチの増設、セレクタースイッチの交換、、、
DSC06407.jpg

ん?ピックガード以外は全部じゃないか(笑)
DSC06408.jpg

写真の真ん中と左のノブの間にシルバーのミニスイッチが増設してもらったモノ。
このスイッチはリヤとセンターのハーフトーンにしたときに、磁気の向きを逆位相にするためのモノ。
そうするとどうなるのか!
昔懐かしいフュージョンのカッティングの音になるんですね~、、、シャカタクとか昔のスクエアーのカッティングの音です(って書いたらわかるかな?)

最近はフェイズの音を使う人も少なくなったけど、俺は大好き!

でも相方ギターいわく・・・「このピックアップ自体が特殊構造になっててセンターピックアップの磁石が半分から逆に付いてるそうで、、、もしかしたらノイズが出るかもしれないよ~」ってさ。。。

いいのいいの、そのための切替えスイッチなんだから・・・

さて、昼から最後の仕上げでもするかと昼飯に行こうと思っていたら、、、

電話です。。。。
うちの親父からでした、、、「今山に居て倒木でいいのがあるから、トラックで積みに来てくれ!」
DSC06410.jpg

DSC06412.jpg

クレーン付きトラックで30分ほど走る。。。
叔父と親父が一生懸命倒木を切り出していた、2年前の台風で倒れた松の木らしい。
松は幹が曲がってるイメージがあるんだけど、かなりまっすぐな状態の松の木。
DSC06415.jpg


DSC06435.jpg

しかし山の中でよくこんなん見つけたなぁ~、、、
DSC06436.jpg

2時間かけてなんとか林道の近くまで引っ張り出してそれからクレーンで荷積み。

これを製材してテーブルやらを作るんだとさ、もの好きなオヤジだ。おかげでうちには木工所のように道具がある。
個人でこれだけ持ってる人も少ないでしょ(笑)
まぁ、その道具を借りてギターを作ってるわけだけどね~(笑)


帰ってきてから最後のクリヤー塗装。

DSC06437.jpg

はい上手にできました

次は磨きだな



[ 2008/10/16 20:10 ] 石垣島 | TB(0) | CM(4)

10/12  ギター製作日記6 

日・月と連休です
風も北よりの乾燥した空気で涼しいしやっぱり作業日和でしょ!

先日、目立つヘコミ、傷をパテで修正したつもりだった。。。
ヘコミは修正できたけど、ちょっとした傷は木工パテでは修正出来なかった。
どうしたものかと思案中・・・

板金塗装に腕のある親父に相談!
「サフェーサー塗ったら傷は隠れるさ~。。。」

なるほど
木工にサフェーサーとは全く思いも付かなかった、、、
ほんのちょっとだけ塗るためにいろんな道具を用意するのも面倒だし、またホームセンターへ

ありました。
スプレー

スプレー式サフェーサー。先日買ったブルーメタリックのスプレーも無くなってしまったので一本追加です。

コレをシューっと塗ってペーパーがけ、、、うんうんっっ良い感じで隠れていくぞ。あまり夢中になりすぎて途中の様子は写真撮ってませんがまん顔
色はグレーなんだけど、下地の塗りつぶしという意味でもいいんだろうな!

さて本塗り一回目!
少し色ムラが気になる、、、

乾かして二回目!
まだ気になる、、、
メタリックは吹く距離によってキラキラ感が違うのでちょっと難しいです。

ここで厚塗りをしてしまうと、タレてしまったり修正不可能になったりしてしまうので、ガマンガマン

もう一度!
うんうんイイ感じでっせー!
太陽の下で見ても、影で見ても色ムラはホトンド判らなくなりました。

塗り終了

この時点で終了



ハイっ、手もブルーメタリック塗装(笑)
手もブルメタ


一日乾かして明日は本体の磨きとツヤだしにクリヤー塗装にしましょう。


先週、沖縄本島に出張行った時にパーツを買いだしに行ってきました。
先日折ってしまったナット(笑)、ペグ(弦巻き)ボリュームノブ・・・切り替えスイッチ。。。他

パーツ


配線をお願いした相方ギタリストが「ミリサイズとインチサイズがあるから統一した方がいいよ!」とのアドバイスをうけた。。。
このギターキットはミリサイズだそうで他のパーツと合わなくなってしまうんだそうだ!

これから一気に作業が進むぞ~!
[ 2008/10/12 11:08 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

10/10  ギター制作日記5 

やっぱりやっちゃった~。。。

塗装して後、ちょっとしたキズ、打痕がや~っぱり気になった。。。

はいっ!
パテで埋めなおしです、どれくらい修正できるかわからないけどなぁ~、、、

三日前にやったので今日あたりまた削りなおしましょ!
また完成が遠くなってく~!!!

CA3A0187.jpg

[ 2008/10/10 12:00 ] 石垣島 | TB(0) | CM(0)

10/05  ギター製作日記4 

朝起きたら天気は快晴
1いい天気


外に出てみると風は無風状態、ギターのボディを塗装するには最高だ!
さぁてと昨日に引き続き製作日記です。
2浮き

最初にネックの位置決めをしたとき気になった事があった。
どうもピックガードの収まりが悪い。最初は配線が噛んでるのかな?くらいに思っていたけど、きっちり収めても浮いてしまう。
どうやらピックアップを止めてるボルトがボディーに当たって浮いてるようだ。

3落とし込み

ボルトを切ってしまおうかとも思ったけど後で難儀するかもしれないので、ほんの少しだけボディ側に穴を開けて「逃げ」の部分を作ってあげる事にした。
これでピッタリ収まってくれました。

昨日パテ入れしたネックポケットの部分、完全硬化してカチカチになってます。

4ポケット修正


多少見た目が悪いのでチューブ入りのウッドパテで修正してあげましょう!
5ウッドパテ

朝ホームセンターに行って買ってきました。
15ポケット修正2

気になるところをパテ入れして、、、
14ネジ穴修正

ここも!
13パテ修正



パテが乾くまでの間ネックの下処理といきましょうか!
一番最初に取り付けてあった「ナット(ゼロフレット)」を外そうと思って横から叩いたら、、、ポッキン・・・「ぎゃ~~~」
6ナット割れた


どうせ。。。後で替えようと思ってたパーツだし・・・
かなり負け惜しみです・・・


9ネックマスキング

まずは「指板」をマスキングしてと・・・

7ネジ箱

こんな小物入れがあると便利です、百均で二百円で買ってきました(笑)
細かいネジ類が多いのでいつ無くなってしまうかわからないしね。


8エアーダスター

ついでにこんなのもあるととっても便利!
「エアーダスター」
車屋さんなのであるのが当たり前ですが・・・

10木部プライマー

さぁ塗装前の下処理いきましょ!
コレで本塗りの塗料が木部に染みこんでいくのを防ぐらしいです。。。
スプレータイプがあるのを知らずに最初ハケ塗り用のを買ったんだけど、今日ホームセンターに行ったら見つけてしまったので購入!
薄く均一に塗れるのでこっちの方が絶対早いわけでして。。。
11ネックプライマー吹き

針金で吊してシューっと軽く吹きます、なんだか艶が出てきたような[m:66]

12ネック乾燥

ハイ、乾燥中
16塗装用ネック


ネックを乾燥させてる間に、さっきボディーにパテ入れした部分をペーパーで整えて今度はボディーの「プライマー」塗りです。

これも針金に吊して!と思ったんだけど、横の部分が塗装しにくそうなのでそのへんにあった杉材で塗装用簡易ネック(笑)
17ボディプライマー

プライマーを塗って
18プライマー乾燥中

ハイ、、、乾燥中。。。

乾燥させてる間にヘッドロゴの作成といきましょう!

19ヘッドロゴ

前に作っておいたロゴを「転写シール」というものに印刷します。
メーカーによっては「タトゥーシール」という名称で販売されています。
ただ反転させて印刷しないといけないんです、まともに印刷すると転写したときに、、、ご想像の通り。。。
いちおう保険で二組印刷しました。
この転写シール、石垣には売って無くてAmazonで購入

印刷が乾くまでお昼ご飯にしましょっかね!
コンビニに行こうと思ってたら、ちょうどおふくろが外から帰ってきた。
「ジューシーおにぎりと天ぷらがあるよー、食べる?」
20お昼ご飯


なんと良いタイミングなんだろう。。。
ありがとねー!

お昼ご飯も食べ終わって作業にとりかかります。


21ロゴプリント


手が綺麗なウチに(笑)ヘッドにロゴを貼り付けます。
案の定、最初はやっぱり失敗
よかったー、保険かけてて(笑)
単に手順を間違えただけだけどさぁ。。。。

22ロゴ位置決め

気を取り直してもう一度!

23ロゴ張り


24ロゴ完成


おぉ! 今度は上手くいった
もっと透明かと思っていたけど、なんだか若干曇りガラスのようだけど・・・
まっ、いいかな、、、
つんだみロゴが完成!!!
なんだかもう出来上がった気分。。。
25ネッククリア吹き

今度はネックの塗装!といってもクリアーを塗るだけ!
直に触るネックの部分はなるべく塗装が薄いほうがいい!
本当は塗りたくないくらいだけど、汗っかきの手は木部にどんどん染みこんでいってしまうからとりあえずってトコかな、、、
湿度の高い沖縄ではなおさら塗装は必要なのかも(×_×;)


いよいよメインのボディーの塗装です、なんだかワクワク~o(^-^)o
ラッカースプレーを右手で振りつつ、ギターを左手に!
プシュープシュー
26ボディ塗り一回目

第1回目の塗装終了

しばらく乾かして2回目!

また乾燥時間で待機!
(-。-)y-゜゜
一服中にSTUPID DOGのもう一人の相方ギターが遊びに来た。
実は前に購入しておいたFenderピックアップの配線&改造を頼んでおいたのさ~、彼はその道に関してはプロ並みに詳しい(^◇^;)

かな~り地道に研究してるらしく、本を読みあさり、ネットを探して独自の配線でいろんな音の組み合わせが出来る達人並みなのだ!

一昨年、赤坂ライブで東京に行ったとき、某楽器店でデモとして置いてあるギターをちょこっと弾いただけで耳打ちで「これ配線間違ってるハズ・・・」
全然俺には判らなかった・・・

ま、そういうヤツです(笑)

その相方とギター談議をしてるうちにボディも乾きまた塗装。
また乾燥、
塗装
乾燥
塗装

薄~く塗り重ねる事で塗料がタレずに重ね塗りができるわけですね~。
塗装は焦ったら失敗する・・・らしい、、、

そしてスプレー2本を使って合計4回塗り重ねたのがコレ
1 one
 2 two
  3 three
28ボディ表



ちょっと「マズったなー」と思ったのが、一番最初にWhiteで塗っておけば良かった・・・
木目の色の違いが2回目を塗ってもまだ判る、、、
Blueって意外に薄い色なのね~ん^_^;


27ボディ裏面


4回目にしてようやく木地が目立たなくなってきた。
塗っててわかったのが、自分が思ってたよりも傷やヘコミが目立つ。。。
後戻りするべきか、、、塗りを続けるべきか。。。

A型だけど、、、

「商品じゃないし、音には関係ないからいいかぁ」
まぁ~なんという前向きな考え方、、、(笑)

今日の作業はココまで!

この後は二日ほど室内で放置プレイ(笑)の後、磨き作業!

またその後に最終のクリアーを塗ってさらに乾燥、そして磨き。

完成は徐々に近づいて・・・

ながーい日記でした。

やっぱり作業より日記に時間がかかるなぁ(;´_`;)



[ 2008/10/05 20:52 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

10/04  ギター制作日記3 

20081004174437
20081004174435
20081004174432
天気も落ち着いてきたし塗装作業に入ろうかなぁ!と思ったけど、ボディとネックのジョイント部分のわずかな隙間が気になる。

やっぱり密着してた方が音の伝わりもいいんだろうからこの部分をピッタリくっつけてあげよう!

隙間はハガキが一枚入るくらい。

どうしたもんかとホームセンターをウロウロしてたら見つけました!ウッドパテという商品。

必要な量だけ切って粘土のようにコネコネすると固まってしまうという優れもの!

コレを隙間部分にくっつけて、ネックをはめ込む。余って飛び出てきた部分は削り取ってしまえばいいわけだ!

かなりカチコチに固まるらしい。というわけで作業開始!

そう簡単に作業が進むわけもなく四苦八苦しながらなんとか上手隙間埋め成功!あとは乾くまで待機。

塗装はまたお預け、、、
[ 2008/10/04 17:44 ] 石垣島 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

STUPID DOG(Hajime)

  • Author:STUPID DOG(Hajime)
  • HR/HMバンド STUPID DOGのギターHajimeのページ
    ブログというよりは日記かな。
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム